Sample Image

緩和ケア、ホスピス、医療用麻酔

がんにおいて、緩和ケアというと、
昔は「もうこれ以上対処してもらえるものがない」というイメージがありましたが、
今ではがんの初めから緩和ケアをしています。

というのも、がんと診察されたこと、今後の不安など、すでに心の不安が起きているものです。
したがって今ではがんの治療をしながら、
患者やその家族に対して痛みや身体的、社会的などの、
問題に対する苦痛や辛さをサポートする為に早いうちから緩和ケアということを行っているのです。

では緩和ケアというのは、どういったものを言うのでしょうか?
まずこれは勘違いしてはいけないことなのですが、
病気に伴う痛みや苦しみといったものを和らげることを、優先している医療のことになります。
体の苦痛、心の苦悩などを軽減することが目的になりますので、
患者やその家族の希望や価値観などを配慮し、穏やかな日常を送れる様にしている、ということになります。

緩和ケアはひとつのチームとなっています。
医師と看護師だけではなく、そのほかのプロたちもチームとして動きます。
痛みを和らげる薬の使用方法を伝える薬剤師、
食べやすい調理法を提供する栄養士、
痛みを生じないようにする姿勢や体の動かし方を教える理学療法士、
生活環境づくりの相談を受ける作業療法士などがチームの一員として動いています。
時には宗教家や、趣味や嗜好を同じくするボランティアの協力を得ることもあります。

がんの医療の痛みを和らげる為の医療ではありますが、
その目的が満足できる日常生活を送るということだということです。

そのためのひとつに緩和ケア病棟と呼ばれるホスピスがあるということです。
しかし勘違いしてはいけないのが、
必ずホスピスに入らなくてはならないわけではないということです。
「在宅緩和ケア」も「外来ケア」(外来で薬をもらって行うもの)もありますので、
どの方法を選ぶのかは主治医や家族そして本人の意思を尊重して決められることです。

ケアのひとつに、痛みに対する鎮痛剤や、医療用麻酔(モルヒネと呼ばれる薬など)によって行われるもの、
心の不安をできるだけ和らげる為に行われる心理的なケアなどを行っているものです。

中でも勘違いされやすいのが、医療用麻酔です。
最後の手段のイメージや、中毒のイメージなどがあるかもしれませんが、
がんの痛みの治療には医療用の麻酔である、モルヒネなどによる鎮痛治療が、最も効果的であるということです。
誤解されがちなイメージのような副作用は認められていないことは、明らかとなっています。

医療用の一般的な副作用としては、吐き気や嘔吐、便秘や眠気などがありますが、
そういった副作用は予防や治療ができますので、
本来の痛みの治療を受けていただくことに安心していただければとおもいます。

ただその痛みは我慢しないようにしてください。
痛みを我慢することは、食欲がなくなったり体を動かすことに制限が生まれ、気分が落ち込みがちになります。

そうすると生活に大きな影響が起きてしまうので、がんの痛みの軽いうちに治療を始めることが、
短期間に鎮痛を得られるものですので、その痛みの症状を医療者にしっかりと伝えることが、
何よりも大切になってきます。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 gansouki All Rights Reserved.