Sample Image

がんと漢方・代替医療としての漢方

がんに漢方なんて効くのだろうか?
そう思われる方もいらっしゃるでしょう。

もともと、普段見聞きしているがんに対する治療は、
がんに直接作用し、取り去ってしまう、というものです。
それに伴い使う薬も強いもの、効果が確実であるものが求められているものです。

しかし、それだけ作用の強い薬ということは、
当然副作用も強く現れるものです。
それに伴って食欲不振、胃腸の働きを低下させてしまい、
体の持っている自然治癒力が低下させてしまう傾向があることは、
仕方がないというのが、西洋医学の考え方になっていますが、
それに対して漢方は体の本来もっている力を助ける、という事を薬に求めたのです。

人が本来持っている自然治癒力や抵抗力を、
補助することで病気を治していこうという考えを持っています。
つまり、漢方にがんへの直接的な効果として治せる、と考えることは間違いです。
その点では西洋医学の方が優れています。

しかし、西洋医学の技術に対して、
自然治癒力やからだの抵抗力を高める為の漢方が、
がん治療として漢方が役に立ち、補えるという考えがあります。
たとえば抗がん剤治療を行った場合、
かなり薬も改善されてきている為それに伴う副作用は、以前よりも減少しています。

しかし、体力回復や抵抗力を高めるような効果は、十分あるわけではありません。
抗がん剤治療中には正常な組織がダメージから回復する為に、
今までよりも多くのたんぱく質やビタミン、ミネラルなどが必要になります。
それに対して当然栄養価の高い食事が推奨されるわけです。

そう言った食事療法だけではなく、
それをサポートする意味で滋養強壮や新陳代謝などを良くするような漢方を、
適切に利用することで、抗がん剤の副作用を軽減することができるのです。
食欲が出てくることによって精神状態も安定し、それらの結果免疫力が高まるのです。
代替療法としての漢方薬を使用している人は多くはありません。

しかし、最近では医療用の漢方も存在し、
漢方を粉末にして販売され手いる漢方エキス剤は、保険の適用もされており、
健康食品を使うよりもはるかに安上がりの上、その効果も期待できるのです。
また、副作用の軽減だけではなく、手術不能の進行乳がんであった患者さんで、
延命効果が見られたという結果もあります。

この事例だけでなく、実際に延命効果も実証されているのです。
抗がん剤等の強い副作用により、
抗がん剤を使用し続けることができなかった方もいらっしゃいました。
治療法がなくなってしまった方にこそ、漢方薬治療をするのが効果的ともいえます。
抗がん剤の使用ができなくなり、漢方で体の調子を整えたことにより、
抗がん剤や放射線によるがん治療を最後まで行うことができるようにもなるのです。

症状の緩和だけでなく、がんの縮小も見られるケースもあります。
だからといって、ここで忘れてはいけないことは、あくまでも「適切に利用する」ということです。
がん治療中などに勝手に漢方を服用することは、決してやってはいけない禁忌です。
漢方の中には、抗がん剤の効き目に影響を与える可能性があるということを、忘れてはいけません。

手術や抗がん剤の治療前後に、
自己判断や家族の知り合いの勧めで漢方をとってはいけません。
通常の健康増進のための漢方とは違い、
がん治療中などに漢方を取り入れたいと思った場合、
勝手に判断をすることは大変に危険な行為です。
漢方に詳しい薬剤師や医師に必ず相談をしてください。
それはもっとも大切で、必ず守らなくてならない事だとお伝えいたします。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 gansouki All Rights Reserved.