Sample Image

がんの3大療法・その他の最新療法

がんの治療方法には、いくつか方法がありますが、
その中で基本的に行われる方法が、
「手術療法(外科療法)」「化学療法(薬物療法)」「放射線療法」
という3種類あり、これが「三大療法」と呼ばれているものです。

しかし実際にがんと診断されたとしても、
多くの人々は自分がどの方法にするのかを選ぶことはほとんどないのです。
さまざまな検査を行ったうえで、
「その人に最も効果的なものはどの方法なのか」ということを医師が探して行くのです。

その人の年齢、性別、希望等を考慮したうえで、治療方法が医師から提案されます。
単独の方法だけでなく、場合によっては2つ以上の方法を組み合わせて、
集学的治療をする場合があります。
しかし病院の設備や医師の専門分野によっては、
がんの治療方法が限定されてしまう例も少なくありません。

では三大療法というのはどのようなものなのでしょうか?
まず一つ目はよく知られる「手術(外科)療法」です。
原発巣と呼ばれるがんが発生した部位と、
転送巣と呼ばれる転移してしまった部位が塊として切り取るものとなります。
がんの病巣を切除し、その臓器の周辺組織とそれに属するリンパ節を切り取ります。

転移していない状態のものであればもっとも有効な選択肢になります。
ただし、手術不能な場所にできたがんについては、適応することができません。
そして体にメスを入れることによって、回復までに時間がかかってしまうこと、
がん細胞が急激に増殖してしまったり、
さらに切除部位によっては臓器の昨日などが失われてしまうこともありえます。

最近では、そのデメリットを小さくする為に、
切除場所を最小限にとどめる「縮小手術」や内視鏡などを使った手術の普及も進んでいます。

2つめは「科学(薬物)療法」です。
抗がん剤を主に使用し、がん細胞を死滅させたり、がん細胞の分裂を抑える方法です。

内服をする、点滴や静脈に注射することにより、
全身の隅々まで薬をいきわたらせることにより、
全身のどこに隠れているがん細胞に対しても効果を発揮するというものです。
手術療法や放射線療法のように部分的ではなく、

全身的な効果が望めるという点で、最も効果的ながんの治療法ともいえるでしょう。
しかし、脱毛や吐き気などの副作用が伴い、
健康な細胞にも悪影響を与えてしまう、
さらに肝臓などへの障害が避けられず、患者さんにとってはつらい治療になってしまう事が難点です。

最近では吐き気などの副作用を和らげるなど、
症状を軽くできるようになっていたり、がん細胞だけに作用するような治療薬の開発もされ、
実用化されているものが増えています。

3つ目は「放射線療法」です。
がんの病巣部にX線などの放射線を照射して、がん細胞を死滅させるものです。
正常な細胞も放射線によって損傷を受けますが、
最近では治療前の検査技術などの向上により、
がんの部分だけに集中的に照射する事が可能になっています。
ただし、治療直後の副作用のものと、終了後半年から数年後に副作用が出てくるものもあります。

めまいなどの全身症状や、照射部分の炎症清浄などの障害が現れてしまったり、
放射線によるがん治療の効果があるものはある程度限定されて、
白血病や膀胱がんなど効果があまり期待出来ないがんもあります。

さらにそれ以外の最新療法としては、
「がん細胞には最大の線量、正常な細胞には最小の線量」というように、
ピンポイントでがん細胞に照射するような「定位放射線治療」、
または「ラジオサージェリ」と呼ばれているようなものがあります。

さらには代替療法と呼ばれる、
自然治癒力である、人が持つ治癒力で体のバランスをとることや、
足りないものを補うことで免疫力を最大限に引き出しましょう。
そして病気を治しましょう、というものもあります。
人のもつ免疫機能を利用した免疫療法も利用されるようになってきています。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 gansouki All Rights Reserved.